全世界で活用されている製薬業界向けの調査報告書

新型コロナウイルスは、未知、未解決の疾患の驚異を改めて知らしめています。
全世界の製薬・バイオテック企業に向けて多くの調査分析レポートが日々発行されています。
製薬・バイオテック業界で活用されている1万部以上の調査報告書を紹介しています。

  1. HIV薬市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)

    • HIV
    • IMARC Services Private Limited
  2. ホルモン補充療法市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

    • 女性特有の病気
    • IMARC Services Private Limited
  3. プロトンポンプ阻害剤の世界市場の洞察:将来予測 (2027年まで)

    • 循環器系疾患
    • QYResearch
  4. 白血病治療薬の世界市場:種類別・男女別・年齢層別・診断方法別・治療手段別・薬物別・投与経路別・地域別の競争予測と市場機会 (2026年)

    • オンコロジー
    • TechSci Research
  5. 結節性痒疹治療薬の世界市場 (2021-2027年):市場予測 (製品・流通経路・地域別)・産業動向・地域的展望・成長の潜在性・市場シェア

    • 自己免疫性疾患
    • Global Market Insights Inc.
  6. バイオマーカーの世界市場

    • 全領域
    • Kalorama Information
  7. ドライアイ症候群市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

    • 眼科
    • IMARC Services Private Limited
  8. オリゴヌクレオチド合成の世界市場 (~2026年):製品 (薬剤・合成オリゴ (プライマー・プローブ)・試薬)・タイプ (カスタム・事前設計)・用途 (治療 (ASO・siRNA)・研究 (PCR)・診断)・エンドユーザー (病院・製薬・CRO)・地域別

    • 全領域
    • MarketsandMarkets

戦略的な意思決定に不可欠な海外市場のレポート

海外ベンダーから発表された市場分析のインサイト情報の一部をご紹介しています。

海外情報、市場調査でこんな壁を感じませんか?

言葉の壁を感じる

多くのデータベース、レポート、調査会社の情報は英語で提供されます。日本でオフィスを構えているベンダーは少なく、資料もすべて英語というケースも多く、限られた資料から利用価値の高いサービスを選択することは難しいと言えます。

情報が多すぎて選択出来ない

コンサル会社、レポート発行会社、調査会社は全世界に数多く存在します。彼らが発行する情報は膨大な量となります。これらの中から適切な情報を選択する必要があります。

海外のベンダーとの交渉が難しい

日本にオフィスのない情報会社との直接の交渉には言語と時差の課題ととみに、調査の内容、価格の交渉もあります。自社の課題解決のための有効な情報を得るために適切な交渉は重要です。

【ご相談は無料】海外調査・レポートに関するご相談、お問い合わせはこちらから

課題解決に導く情報を一緒に探します

経験豊かな情報の専門家

課題を解決するための方法を一緒に考えます。20年以上のコンサルティング経験がある専門家がサポート致します。課題解決のために調査を依頼するRFP作成サポート、最も適切な解決方法に結びつけます。

製薬業界に特化

製薬業界に特化した情報サービスです。グローバル市場を対象として海外情報や海外ベンダーとの取引が当たり前の製薬業界で、製薬業界特化ならではのサポートを経験豊かな専門家がサポートします。

相談はすべて無料

相談にあたるフィーは頂いていません。情報を提供する情報会社、コンサルティング会社からの手数料を頂くビジネスモデルを採用しています。まずは、ご相談ください。

【ご相談は無料】海外調査・レポートに関するご相談、お問い合わせはこちらから