ドライアイ症候群市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)


発行会社:IMARC Services Private Limited|商品コード:999672発行日:2021/4/12ページ情報:ページ情報: 英文 109 Pages

タイトル
ドライアイ症候群市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年) Dry Eye Syndrome Market: Global Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2021-2026
価 格
PDF (Single User License) USD 1,999 PDF (5 User License) USD 2,499 PDF (Corporate License) USD 2,999

    サンプル請求見積依頼購入希望





    概要
    世界のドライアイ症候群の市場規模は2020年に39億米ドルに達しました。医学的に乾性角結膜炎(KCS)として知られるドライアイ症候群は、感染者の目の表面の潤滑または水分の不足を定義する用語です。これは一般的に発生する病気であり、ほとんどの人に影響を与える可能性があります。ドライアイのさまざまな症状には、痛みや灼熱感、炎症、充血、疲れ目、かゆみ、羞明などがあります。また、ドライアイは、目の乾燥を低減するために涙の産生を過剰に刺激するため、涙目の症状になることもあります。過度のコンピューターの使用、アレルギー、老化、更年期障害、喫煙、レーシック眼科手術、ホルモン補充療法など、ドライアイ症候群を引き起こす可能性のあるいくつかの要因があります。 糖尿病、甲状腺障害、シェーグレン症候群、狼瘡、強皮症、関節リウマチなどのさまざまな病気も、人々のドライアイの蔓延の一因となっています。統計によると、世界中で約4億2,500万から4億3,000万人が糖尿病を患っています。それは患者の血液の組成に絶え間ない変化を引き起こし、涙腺に悪影響を及ぼし、ドライアイの有病率を上昇させます。市場の成長に貢献しているもう一つの重要な要因は、高齢者人口の増加です。推定によると、世界の人口の約9%が65歳以上であり、2050年までにこのセグメントは世界の人口の約17%を占めると予想されています。高齢者のドライアイの有病率が高いことから、ドライアイ市場は力強い成長が見込まれます。この市場の成長を増強する要因には他にも、意識レベルの向上、診断率の上昇、より良い治療オプションなどがあります。世界のドライアイ症候群市場は今後5年間で緩やかな成長を示すと予測されています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 細菌性結膜炎:世界の治験動向 (2020年下半期)

      2. 等温核酸増幅技術 (INAAT) の世界市場 – 業界動向、シェア、規模、成長率、機会、予測:2020年~2025年

      3. 非感染性黄斑浮腫治療の世界市場

      4. 網膜静脈閉塞:世界の治験動向

      5. 乾性角結膜炎 (ドライアイ):世界の治験動向

      6. RO7171009 (RG6147) – 新薬の考察と市場予測:2030年