胃腺がん/胃食道接合部腺がん (G/GEJAC) :2029年までの疫学予測

発行会社:GlobalData|商品コード:961732発行日:2020/9/15ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
胃腺がん/胃食道接合部腺がん (G/GEJAC) :2029年までの疫学予測
Gastric and Gastroesophageal Junction Adenocarcinoma - Epidemiology Forecast to 2029
価 格
PDF (Single User License) USD 3,995
PDF (Site License) USD 7,990
PDF (Global License) USD 11,985

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    主要8ヶ国 (米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、韓国) における胃がんと診断された発症例数は、2019年の251,366件から、2029年の284,638件まで増加し、AGRで1.32%の成長が予測されています。

    当レポートでは、主要8ヶ国における胃腺がん/胃食道接合部腺がん (G/GEJAC) について調査分析し、危険因子と世界の動向、10年間の疫学予測について、体系的な情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. ブドウ球菌感染症:世界の治験動向

      2. 白血病治療薬の世界市場:種類別・男女別・年齢層別・診断方法別・治療手段別・薬物別・投与経路別・地域別の競争予測と市場機会 (2026年)

      3. がん治療におけるNDDSの世界市場

      4. ターナー症候群 – 世界の臨床試験レビュー:2020年前期

      5. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19):疫学分析と予測(2020年7月版)

      6. 注目市場の分析:中皮腫

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30