糖尿病性網膜症:世界の治療薬予測・市場分析 (~2029年)

発行会社:GlobalData|商品コード:956057発行日:2020/8/31ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
糖尿病性網膜症:世界の治療薬予測・市場分析 (~2029年)
Diabetic Retinopathy - Global Drug Forecast and Market Analysis to 2029
価 格
PDF (Single User License) USD 10,995
PDF (Site License) USD 21,990
PDF (Global License) USD 32,985

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の主要9ヶ国市場 (米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、日本、中国、オーストラリア) における糖尿病性網膜症 (DR) 向け医薬品の売上高は、2019年に約36億米ドルと推計され、10年間の予測期間にわたって、市場規模はCAGR 9.1%で推移し、2029年に86億米ドルに達すると予測されています。この成長は、DRの主要な臨床的アンメットニーズに対処し、患者のコンプライアンスを高めることが期待される長時間作用型の抗血管新生製品、局所用および経口の候補薬の発売によって推進されます。

    当レポートは、世界における糖尿病性網膜症 (DR) 治療薬市場について調査し、疫学、病因、病態生理学、症状、診断、および疾患管理を含む、DR、RVO (網膜静脈閉塞症)、およびDME (糖尿病性黄斑浮腫) の概要、DR、RVO、DME治療薬の年間の市場収益、患者あたりの治療費、および4つの患者セグメントにおける治療薬の使用パターン (重度の非増殖性糖尿病性網膜症、増殖性糖尿病性網膜症、糖尿病性網膜症および網膜静脈閉塞症、糖尿病性網膜症および糖尿病性黄斑浮腫) の予測などを提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. マイボーム腺機能不全 (MGD) – 疫学考察:2030年

      2. 多発性嚢胞腎:世界の治験動向

      3. 欧州の点眼薬・眼用潤滑剤の市場の洞察:将来予測 (2027年まで)

      4. 女性の健康:医療機器パイプライン評価、2020年

      5. 製薬・ヘルスケア業界における取引分析、M&Aと投資動向:2020年第1四半期

      6. 萎縮型黄斑変性:世界の治験動向

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30