インクレチンベースの医薬品市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

発行会社:Mordor Intelligence Pvt Ltd|商品コード:964980発行日:2020/8/1ページ情報:ページ情報: 英文 110 Pages
タイトル
インクレチンベースの医薬品市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)
Incretin-based Drugs Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020 - 2025)
価 格
PDF (Single User License) USD 4,250
PDF (Team License: Up to 7 Users) USD 4,750
PDF (Site License) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    インクレチンベースの医薬品の市場規模は、予測期間中に約5.2%のCAGRで拡大すると予測されています。

    市場の成長を推進するの要因には、肥満と糖尿病の有病率の増加、健康に関する意識の高まり、および研究開発活動があります。

    世界の糖尿病人口は過去10年間で大幅に増加しました。いくつかの報告と調査において、変化するライフスタイルと習慣によって、糖尿病人口が劇的に増加したと述べられています。たとえば、British Diabetic Associationによると、英国では約370万人が糖尿病を患っており、その数は過去20年間で2倍になっていると推定されています。さらに、英国では約1,230万人が2型糖尿病のリスクが高くなっています。ほとんどの場合、肥満が主な原因です。

    2型糖尿病の治療のために最近承認された2つのクラスの治療薬、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体(GLP-1R)作動薬とジペプチジルペプチダーゼ-4阻害薬(DPP-4i)は、インクレチン受容体シグナルによってその作用を発揮します。インクレチンは腸由来のホルモンで、主にGLP-1とグルコース依存性インスリン分泌性ペプチド(GIP)であり、空腹時に低い基礎値で分泌されます。インクレチンベースの薬に関する進行中の研究開発活動は、予測期間にわたって市場の成長を促進すると予想されます。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界の粒子治療市場:成長、動向、および予測(2020年~2025年)

      2. 分子量マーカーの世界市場:成長、動向、および予測(2019年~2024年)

      3. 神経内分泌腫瘍治療の世界市場:成長、動向、および予測

      4. 大腸がん診断薬・治療薬の世界市場 – 成長・動向・予測

      5. バイオマーカーの世界市場:成長、動向、および予測

      6. がん免疫療法の世界市場 – 成長、動向、予測(2019年~2024年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30