オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症の世界市場:タイプ別、アプリケーション別および地域別の市場規模と予測(2020年~2027年)

発行会社:Bizwit Research & Consulting LLP|商品コード:961213発行日:2020/9/15ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症の世界市場:タイプ別、アプリケーション別および地域別の市場規模と予測(2020年~2027年)
Global Ornithine-Transcarbamylase Deficiency Market Size study, by Type (DTX-301, SEL-313, SHP-641, PRX-OTC and Others), By Application (Hospital, Clinic and Others) and Regional Forecasts 2020-2027
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 4,950
Printable PDF (Enterprise License) USD 6,250

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症は、酵素オルニチントランスカルバミラーゼ(OTC)の完全な、または部分的な欠如によって特定される、高アンモニア血症を来す遺伝性疾患です。 OTC酵素の欠如は、高アンモニア血症という形で、窒素の過剰蓄積をもたらします。欠損症は窒素除去剤で治療することができます。また、主要企業は、激しい競合の中で自らを維持するために、製品の発売、革新、合併・買収などの戦略に焦点を合わせています。肥満の発生率の増加、過食症の増加、ジャンクフードの消費、および定期的な運動の欠如は、2020年から2027年の予測期間中の市場成長を促進する主要な要因となっています。経済協力開発機構(OCED)による肥満に関する最新情報(2017年版)によると、肥満レベルは徐々に増加すると予想され、米国、英国、メキシコなどの国々は肥満人口の主要なシェアを占める見込みです。 2030年までに米国の全人口の47%、メキシコの39%、英国の35%が肥満になると予測されています。また、OECDによると、2017年では英国は西欧で最大の肥満大国となり、さらに、Health at a Glance Reportによると、2015年の英国の人口の約26.9%が肥満であることが明らかになっています。また、OECDの報告書によると、英国の肥満は1990年代以来92%増加しています。

    当レポートでは、世界のオルニチントランスカルバミラーゼ欠損症市場を調査し、全体的な市場動向、セグメント別の詳細動向、市場成長への影響要因の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなどを包括的にまとめています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界のアレルギー免疫療法の市場規模調査:治療別(皮下療法、舌下療法)、アレルギー別、流通経路別および地域別予測(2020年~2027年)

      2. 世界のラベルフリー検出市場規模:製品別、技術別、用途別、最終用途産業および地域別予測(2020年~2027年)

      3. 脳深部シミュレーション装置の世界市場:製品別、用途別、エンドユーザー別、地域別の市場規模と予測:2019年~2026年

      4. 世界の脱毛症治療市場規模調査:疾患タイプ別、最終用途別、販売チャネル別、性別、地域別予測(2020年~2027年)

      5. 世界の安定同位体標識化合物市場規模調査:タイプ別、用途別、エンドユーザー別、および地域別予測(2020年~2027年)

      6. 世界のHIV薬の市場規模調査:医薬品クラス別、および地域別予測(2020~2027年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30