下肢静止不能症候群 : パイプライン分析

発行会社:Global Markets Direct|商品コード:192807発行日:2020/7/31ページ情報:ページ情報: 英文 63 Pages
タイトル
下肢静止不能症候群 : パイプライン分析
Restless Legs Syndrome - Pipeline Review, H2 2020
価 格
PDF (Single user license) USD 2,000
PDF (Site license) USD 4,000
PDF (Global license) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    下肢静止不能症候群(RLS、レストレスレッグス症候群)とは、別名ウィリス・エクボム病(WED)とも呼ばれる、神経系の一部の障害です。脚部に作用し、しきりに脚を動かしたくなるようになります。症状には痒みや疼痛、むず痒い感覚、ふくらはぎや脚部の痙攣などが含まれています。主な疾病素質としては、加齢などが想定されています。この疾患の治療薬には、筋弛緩剤や睡眠薬、麻酔薬などがあります。

    当レポートでは、世界各国での下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群)治療用のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要、最新の業界動向などを調査して、その結果をお届けします。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 膜貫通プロリル-4-ヒドロキシラーゼ:パイプライン製品の分析

      2. 脳脊髄炎:パイプライン製品の分析

      3. 慢性リンパ球性白血病(CLL):パイプライン製品の分析

      4. 眼瞼炎:パイプライン製品の分析

      5. ギラン・バレー症候群:パイプライン製品の分析

      6. 黒色腫:パイプライン製品の分析

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30