化膿レンサ球菌感染症 : パイプライン分析

発行会社:Global Markets Direct|商品コード:279451発行日:2020/7/31ページ情報:ページ情報: 英文 35 Pages
タイトル
化膿レンサ球菌感染症 : パイプライン分析
Streptococcus pyogenes Infections - Pipeline Review, H2 2020
価 格
PDF (Single user license) USD 2,000
PDF (Site license) USD 4,000
PDF (Global license) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    化膿レンサ球菌感染症とは、ストレプトコッカス・ピオゲネスというグラム陽性球菌によって起こる感染症であり、感染部分の激しい痛み、腫れ、発赤、発熱、めまい、呼吸困難、危険レベルへの血圧低下、弱脈、速脈などの症状があります。抗生剤の投与、健康的な生活習慣などの治療法があります。

    当レポートでは、世界における化膿レンサ球菌感染症治療薬のパイプラインについて取り上げ、現在の開発パイプラインの状況や最新動向、薬剤プロファイル、主要企業および彼らが開発中の製品のレビューなどをお届けいたします。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 胃炎:パイプライン製品の分析

      2. ファンコニ貧血:パイプライン製品の分析

      3. 勃起不全:パイプライン分析

      4. アシネトバクター感染症:パイプライン製品の分析

      5. 小細胞肺癌:パイプライン分析

      6. 甲状腺がん:パイプライン製品の分析

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30