骨形成不全症治療市場:薬剤別、投与経路別、地域別の規模、シェア、見通し、および機会分析(2020年~2027年)

発行会社:Coherent Market Insights|商品コード:952877発行日:2020/8/5ページ情報:ページ情報: 英文 150 Pages
タイトル
骨形成不全症治療市場:薬剤別、投与経路別、地域別の規模、シェア、見通し、および機会分析(2020年~2027年)
Osteogenesis Imperfecta Treatment Market, by Drugs By Route of Administration, and by Region - Size, Share, Outlook, and Opportunity Analysis, 2020 - 2027
価 格
PPT Turned PDF (Single User License) USD 4,500
PPT Turned PDF (Multi-user License) USD 7,000
PPT Turned PDF (Enterprise User License) USD 10,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    骨形成不全症またはOIは、骨に影響を与え、体が強い骨を構築するのを妨げる遺伝性疾患です。 OIは不完全な骨形成と呼ばれ、この障害に苦しむ人々は、折れたり壊れやすい骨を持っています。したがって、この症状はまた、一般に脆性骨疾患としても知られています。重度のOI症例では、複数の骨折が一般的ですが、軽度の症例では、骨が欠けたり折れることが生涯でほとんどありません。

    新しい治療法を開発するための研究開発への資金の急増は、 骨形成不全症治療の世界市場の成長を後押しする主な要因です。さらに、OI治療の開発のための主要な業界プレーヤーによるライセンス契約と戦略的コラボレーションも、市場の成長を促進するもう一つの要素です。たとえば2020年1月に、Oncologie, Inc.とMereo BioPharma Group plcは、「Navicixizumab」を開発および商品化するためのライセンス契約を締結しました。これは骨形成不全症治療のための抗DLL4 / VEGF二重特異性抗体です。

    さらに、骨形成不全症は遺伝性疾患であり、OI患者の家族歴により、世界中で症例数が増加しており、これが市場の成長を牽引すると予想されています。たとえば、Genetics Home Reference(GHR)によると、世界中の1万人から2万人に約1人が骨形成不全症(OI)に罹患しています。

    ただし、訓練を受けた専門家の不足と治療の利用不可能性は、 世界の骨形成不全症治療市場の成長を抑制する主な要因の一部です。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. スティル病治療市場:治療、投与経路、流通チャネル、地域別 – 規模、シェア、見通し、機会分析

      2. 血管吻合術用カニューレの世界市場:タイプ別、用途別、エンドユーザー別、地域別の市場規模、シェア、展望、機会分析、2020年-2027年

      3. ニーマンピック病C型治療の市場規模:疾患タイプ、年齢層、地域別 – シェア、見通し、機会分析(2020年~2027年)

      4. エピジェネティクス医薬品・診断技術の世界市場 – 種類別 (エピジェネティクス医薬品 (DNMT阻害剤、HDAC阻害剤)、エピジェネティクス診断技術)・地域別:市場規模・シェア・将来展望・機会分析

      5. 植物ベースの生物製剤市場:製品タイプ別、ソースタイプ別、適応症別、地域別:規模、シェア、見通し、および機会分析(2020年~2027年)

      6. 神経線維腫症治療薬市場 – 疾患タイプ (神経線維腫症1型・神経線維腫症2型・シュワノマトーシス)・流通チャネル・地域別:市場規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30