RNAi治療薬の世界市場:COVID-19の影響と分子タイプ別、用途別、投与経路別、エンドユーザー別、地域別の分析

発行会社:The Insight Partners|商品コード:959881発行日:2020/8/28ページ情報:ページ情報: 英文 183 Pages
タイトル
RNAi治療薬の世界市場:COVID-19の影響と分子タイプ別、用途別、投与経路別、エンドユーザー別、地域別の分析
RNAi Therapeutics Market Forecast to 2027 - COVID-19 Impact and Global Analysis by Molecule Type (Small Interfering RNAs and MicroRNA ); Application ; Route of Administration ; End User, and Geography
価 格
PDF (Single User License) USD 4,500
PDF (Site License) USD 6,500
PDF (Enterprise License) USD 8,500

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のRNAi治療薬の市場規模は、2019年の6億1,879万米ドルから2027年には12億929万米ドルに拡大すると予測されており、2020年から2027年までのCAGRは8.8%になる見通しです。

    当レポートは、世界のRNAi治療薬市場を調査したもので、市場の概況や力学、分子タイプ別、用途別、投与経路別、エンドユーザー別、地域別の分析、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響、業界の情勢、主要企業のプロファイルなどの情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 大腸菌検査の世界市場:COVID-19の影響と技術・エンドユーザー・地域別分析(2027年までの予測)

      2. メソセラピーの市場予測(2027年まで):製品タイプ、適応症、エンドユーザー、地域別の分析、COVID-19の影響

      3. 腸チフスワクチンの世界市場:将来予測 (2027年まで)、ワクチンの種類別 (弱毒生ワクチン、莢膜多糖体ワクチン、複合型ワクチンなど)・投与経路別 (経口薬、注射薬)・地域別の分析、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響

      4. バイオフィルム療法の世界市場 – 2027年までの予測:COVID-19の影響および製品・創傷タイプ・エンドユーザー別の分析

      5. ワクチンの世界市場:2027年までの予測 – COVID-19の影響、技術、適応症、投与経路、患者タイプ、地域別の分析

      6. ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場:製品(ウイルスベクター、非ウイルスベクター)、用途(癌、遺伝性疾患、ウイルス感染症、その他)、地域別の市場分析、COVID-19の影響(2027年までの予測)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30