ウイルスベクターおよびプラスミド製造の世界市場:ベクター種類、アプリケーション、疾病、地域データ、国別データ、特許情勢、競合考察 – 分析と予測 2020 – 2030年

発行会社:BIS Research Inc.|商品コード:938905発行日:2020/5/21ページ情報:ページ情報: 英文 275 Pages
タイトル
ウイルスベクターおよびプラスミド製造の世界市場:ベクター種類、アプリケーション、疾病、地域データ、国別データ、特許情勢、競合考察 - 分析と予測 2020 - 2030年
Global Viral Vector and Plasmid Manufacturing Market: Focus on Vector Type, Application, Disease, 5 Region's Data, 15 Countries' Data, Patent Landscape and Competitive Insights - Analysis and Forecast, 2020-2030
価 格
PDF (Single User License) USD 5,000
PDF (Site License) USD 6,500
PDF and Excel (Global License) USD 8,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のウイルスベクターおよびプラスミド製造市場は2030年までに58億6000万米ドルに達する見込みです。ベクターが治療用のDNA /遺伝子を患者の体や細胞にイントロダクションすることで遺伝子組み換えを行う能力により、細胞や遺伝子治療を含む幅広い現代の治療への応用が可能になりました。したがって、さまざまな医療用途におけるこれらの治療法の重要性が高まり、ウイルス性および非ウイルス性ベクターの両方に対する需要が高まっています。ベクターベースの治療法は現在、とりわけ癌、感染症、遺伝病、心血管疾患などの多数の疾患の治療に使用されています。ウイルスベクターとプラスミドは、治療のコストを削減し、薬物の反復投与を減らすのに役立ちます。さらに、ベクターは広範な免疫応答タイプを誘導する際にそれらが提供する利点により、ワクチン開発のためにワクチン学の分野においても利用が増えています。そのため、バイオ製薬会社、 調査機関、委託製造会社、非営利組織などのいくつかの企業が、ウイルスベクターとプラスミドの開発と生産に関心を寄せています。

    当レポートでは、世界のウイルスベクターおよびプラスミド製造市場について調査し、市場の概要、ベクターの種類、アプリケーション、疾病、地域、および国別による市場の分析と予測、特許情勢・競合情勢の分析、および主要企業のプロファイルなどを提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 再生医療の世界市場 (2020-2030年):製品・用途・17カ国のデータ・競合情勢

      2. 精密医療の世界市場:2020-2030年

      3. DNAメチル化の世界市場 (2019~2030年)

      4. 生体工学による代用皮膚の世界市場 (2020-2030年):市場予測 (製品・用途・エンドユーザー・地域別)・競合環境・法規制シナリオ

      5. MRD (微小残存病変) 検査の世界市場 (2020-2025年):市場予測 (技術・用途・エンドユーザー・地域別)・競合分析

      6. 植物ゲノミクスの世界市場 (2020-2025年):市場予測 (提供製品・技術・用途・農産物・地域別)・特許・政府プログラム・資金調達の分析

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30