オーファンドラッグ市場: 世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2020年~2025年)

発行会社:IMARC Services Private Limited|商品コード:960470発行日:2020/9/3ページ情報:ページ情報: 英文 106 Pages
タイトル
オーファンドラッグ市場: 世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2020年~2025年)
Orphan Drugs Market: Global Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2020-2025
価 格
PDF (Single User License) USD 2,299
PDF (5 User License) USD 3,399
PDF (Corporate License) USD 4,499

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のオーファンドラッグの市場規模は、2014年から2019年の間に穏やかに拡大しました。オーファンドラッグとは、希少な内科疾患の診断、予防、治療に使用される医薬品を指します。これらの薬剤は特定の公衆衛生要件を満たすように製造されますが、少数の患者グループ向けに製造されているため、通常は市場が限られています。多くの腫瘍疾患、代謝疾患、血液疾患、免疫疾患、感染症および神経疾患に対して効果があります。リンパ腫、白血病、嚢胞性線維症、神経膠腫、膵臓癌、卵巣癌、多発性骨髄腫、腎細胞癌などの医学的疾患は、しばしば生命を脅かす、慢性かつ進行性の変性疾患および障害であり、それらに有効な特定の治療選択肢が必要とされます。

    癌やその他の希少な遺伝性疾患の有病率の増加は、市場の成長を牽引する重要な要因の1つです。製薬会社は革新的なオーファンドラッグを開発して、患者に個別化された治療を提供しています。市場はまた、オーファンドラッグの利点に関する大衆の意識の高まりによって推進されています。新しい医薬品メーカーの出現と伝染病の蔓延を抑制するための好ましい政府の政策の実施もまた、市場の成長に貢献しています。

    さらに、生物学的オーファンドラッグの開発など、さまざまな製品革新も市場の成長を促進する要因として機能しています。これらの薬剤は、癌などの疾患を治療し、幹細胞に生じる損傷を回復させることができるため、全体的な需要が大幅に促進されます。ヘルスケアインフラの改善や、広範な研究開発 (R&D)活動なども市場をさらに押し上げると予想されます。オーファンドラッグ市場は今後5年間で、穏やかな成長を示すと予測されています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 髄膜炎菌ワクチン市場:世界の業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会・将来予測 (2020~2025年)

      2. 嚢胞性線維症治療薬の世界市場: 業界の動向、シェア、市場規模、成長性、機会、予測:2020年-2025年

      3. HIV薬市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会および予測(2021~2026年)

      4. アルツハイマー病薬剤市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2020~2025年)

      5. ヒト成長ホルモンの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)

      6. 脈絡膜新生血管の世界市場:業界の動向、シェア、市場規模、成長性、機会、予測、2020年~2025年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30