ドライアイ製品の世界市場(2027年までの予測):COVID-19の影響、製品(抗生物質点眼液、ホルモン点眼液、人工涙液など)、タイプ(処方薬、OTC薬)、地域別

発行会社:The Insight Partners|商品コード:953333発行日:2020/7/30ページ情報:ページ情報: 英文 134 Pages
タイトル
ドライアイ製品の世界市場(2027年までの予測):COVID-19の影響、製品(抗生物質点眼液、ホルモン点眼液、人工涙液など)、タイプ(処方薬、OTC薬)、地域別
Dry Eye Products Market Forecast to 2027 - COVID-19 Impact and Global Analysis by Product (Antibiotic Drops, Hormone Drops, Artificial Tears, and Others); Type (Prescription Drugs, and OTC Drugs), and Geography
価 格
PDF (Single User License) USD 4,500
PDF (Site License) USD 6,500
PDF (Enterprise License) USD 8,500

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のドライアイ製品市場は、2019年に63億8,514万米ドルとなりました。同市場は、2020年から2027年までの間に4.8%のCAGRで成長する見通しで、2027年には91億4,101万米ドルに達すると予測されています。ドライアイの発生率の上昇と高齢者の増加は、同市場の成長を後押しする重要な要因であり、ドライアイ状態の治療に役立つ幹細胞療法に焦点を当てた技術の開発は、予測期間中の市場成長を促進すると見込まれています。しかしながら、目のかすみ、知覚過敏の増加、目の充血、赤み、まぶたの腫れ、睫毛のべたつき、不快感などの点眼薬によって引き起こされる副作用は、同市場の成長を妨げています。さらに、COVID-19のパンデミックは、 北米のヘルスケア機関に前例のない運用・臨床上の課題を突きつけています。米国、カナダ、メキシコなどの北米諸国の市場は、厳格なロックダウンが課されたため、ヘルスケア施設センターへの訪問が減少し、眼科処方箋が減少しています。

    当レポートは世界のドライアイ製品市場について調査しており、市場機会や動向、成長および抑制要因、製品・タイプ・地域別の市場分析、COVID-19による市場への影響、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. RNAi治療薬の世界市場:COVID-19の影響と分子タイプ別、用途別、投与経路別、エンドユーザー別、地域別の分析

      2. 男性不妊症の世界市場 – 2027年までの予測:COVID-19の影響、治療タイプ・流通チャネル・エンドユーザー・地域別の分析

      3. アレルギー免疫療法の欧州市場 – 2027年までの予測:COVID-19の影響、治療法 (皮下免疫療法・舌下免疫療法) ・アレルギータイプ・流通チャネル・国別の分析

      4. 大麻の世界市場:将来予測 (2027年まで)、製品種類別・用途別・成分別 (THC (テトラヒドロカンナビノール) 主体、CBD (カンナビジオール) 主体、THC・CBDの混合型)・地域別の分析、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響

      5. 医療機関向けおよび研究機関向け冷蔵庫の世界市場:COVID-19の影響を踏まえた2027年までの製品タイプ別、エンドユーザー別、地域別の予測

      6. 中毒症治療薬の世界市場:将来予測 (2027年まで)、治療薬の種類別・薬剤の種類別・治療センター別・流通チャネル別・地域別の分析、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30