ブロメライン市場の規模・シェア・動向の分析・予測 (2020-2027年):用途 (肉&水産品・ヘルスケア・ 栄養補助食品)・地域 (北米・欧州・アジア太平洋・ 中南米・中東&アフリカ) 別

発行会社:Grand View Research, Inc.|商品コード:959656発行日:2020/8/26ページ情報:ページ情報: 英文 170 Pages
タイトル
ブロメライン市場の規模・シェア・動向の分析・予測 (2020-2027年):用途 (肉&水産品・ヘルスケア・ 栄養補助食品)・地域 (北米・欧州・アジア太平洋・ 中南米・中東&アフリカ) 別
Bromelain Market Size, Share & Trends Analysis Report By Application (Meat & Seafood, Healthcare, Dietary Supplements), By Region (North America, Europe, Asia Pacific, Central & South America, MEA), And Segment Forecasts, 2020 - 2027
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 5,950
Printable PDF (5-User License) USD 6,950
Printable PDF (Enterprise License) USD 8,950

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のブロメラインの市場規模は予測期間中7.2%のCAGRで推移し、6570万米ドルの規模に成長すると予測されています。同市場はヘルスケアおよび食肉・水産業における発展から、大きな成長が見込まれています。

    北米や欧州などの先進地域の市場では、癌、後天性免疫不全症候群 (HIV/AIDS)、喘息、炎症性腸疾患 (IBD)、足首の捻挫、腱鞘炎、前十字靱帯断裂などの治療への製品利用に向けたR&Dに取り組んでおり、市場成長が加速すると予測されています。また、食肉・水産業では、本製品の酵素が牛肉、豚肉、鶏肉、イカなどの柔らかさの改善のために広く利用されており、最大の応用分野となっています。

    当レポートでは、世界のブロメラインの市場を調査し、市場および製品の概要、バリューチェーン、市場成長への各種影響因子の分析、関連法規制、技術概要、市場規模の推移・予測、用途・地域/主要国など各種区分別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界の薬事申請 (RA) サービスの市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2020-2027年): サービス・サービスプロバイダー・企業規模・カテゴリー・開発段階・適応症・エンドユーザー・地域別

      2. 動物医薬の世界市場:動物の種類(家畜、コンパニオン)、製品、送達方法(経口、非経口)、最終用途、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2020年~2027年)

      3. インプラント周囲炎治療の市場規模・シェア・動向の分析・予測 (2020-2027年):タイプ (外科的処置・非外科的処置)・地域別

      4. 甲状腺癌診断の世界市場 (2020~2027年):血液検査・画像診断・生検

      5. ヘルスケアにおける複合現実市場規模、シェア、 動向分析レポート:コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、コンテンツ・アプリケーション)、用途別、エンドユーザー別、地域別、およびセグメント予測:2020年~2027年

      6. 婦人科腹腔鏡下手術の市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2021-2028年):手術 (子宮摘出・筋腫核出)・エンドユーザー (ASC・病院)・地域別

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30