ラベルフリー検出の世界市場の予測 (~2025年):製品&サービス (機器・消耗品 (バイオセンサーチップ)・ソフトウェア)・技術 (表面プラズモン共鳴)・用途 (結合キネティクス)・エンドユーザー別

発行会社:MarketsandMarkets|商品コード:959945発行日:2020/9/1ページ情報:ページ情報: 英文 186 Pages
タイトル
ラベルフリー検出の世界市場の予測 (~2025年):製品&サービス (機器・消耗品 (バイオセンサーチップ)・ソフトウェア)・技術 (表面プラズモン共鳴)・用途 (結合キネティクス)・エンドユーザー別
Label-free Detection Market by Product & Service (Instruments, Consumables (Biosensor Chip), Software), Technology (Surface Plasmon Resonance), Application (Binding Kinetics), End User - Global Forecast to 2025
価 格
PDF (Single User License) USD 4,950
PDF (5-user License) USD 6,650
PDF (Corporate License) USD 8,150

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のラベルフリー検出の市場規模は予測期間中7.7%のCAGRで推移し、2020年の4億3100万米ドルから、2025年には6億2600万米ドルの規模に成長すると予測されています。先進技術製品の導入、産学連携による創薬プログラムの増加、ラベルフリー技術の高感度化などの要因が同市場の成長を推進しています。

    消耗品タイプ別で見ると、相互作用をリアルタイムで監視する高い能力から、バイオセンサーチップの部門がもっとも急速に成長しています。また、用途別では、結合キネティクスの部門が最大のシェアを占めています。創薬R&D件数の増加、ラベルフリー技術による生体分子動態の研究の拡大などの要因が同部門の成長を牽引しています。

    当レポートでは、世界のラベルフリー検出の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子の分析、技術動向、市場規模の推移・予測、製品&サービス・技術・用途・エンドユーザー・地域/主要国など各種区分別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. オリゴヌクレオチド合成の世界市場 (~2026年):製品 (薬剤・合成オリゴ (プライマー・プローブ)・試薬)・タイプ (カスタム・事前設計)・用途 (治療 (ASO・siRNA)・研究 (PCR)・診断)・エンドユーザー (病院・製薬・CRO)・地域別

      2. 医薬品包装機器の世界市場 (~2025年):製品 (無菌包装・ブリスター・ストリップ・ボトル・チューブ・カートン・ケースパッカー・ラッピング・パレタイジング・ラベリング・シリアル化)・タイプ・地域別

      3. 解剖病理の世界市場 (~2025年):製品・サービス

      4. 動物医療市場 – 2024年までの予測:犬、猫、馬、牛、豚、家禽

      5. 海洋性コラーゲンの世界市場 (~2026年):タイプ (I型・III型)・用途 (栄養補助食品・化粧品・医療)・原料部位 (皮膚・鱗・筋肉・骨&腱)・原料・地域別

      6. デュアルチャンバーシリンジ (DCS) 充填機の世界市場 (~2025年):自動・半自動・手動

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30