黄斑変性症治療の世界市場:2020年-2026年

発行会社:Orion Market Research Pvt Ltd|商品コード:949446発行日:2020/5/21ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
黄斑変性症治療の世界市場:2020年-2026年
Global Macular Degeneration Treatment Market 2020-2026
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 3,600
Printable PDF (Enterprise License) USD 4,800

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の黄斑変性症治療市場は、2026年まで着実に成長を続けると推定されています。黄斑変性症の発生率を上昇させる要因としては、高齢者人口の増加を挙げることができます。国連によると、世界の65歳以上の人口は2019年の7億300万人から2050年には15億人に倍増する見通しだといいます。また65歳以上の人口の割合は、1990年の6%から2019年には9%に増加しており、主に高齢者の網膜黄斑に損傷をもたらす加齢性黄斑変性症(AMD)の有病率の上昇が予想されます。

    当レポートは、世界の黄斑変性症治療市場を調査したもので、市場の概要、競合情勢、市場の方向性を決定づける要因、タイプ別、投与経路別、販売チャネル別、地域別の分析、企業プロファイルなどの情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 免疫介在性炎症性疾患(IMID)の世界市場:2019-2025年

      2. 抗うつ薬市場(2019年~2025年)

      3. リンパ腫治療市場(2019年~2025年)

      4. ライソゾーム病市場(2020年~2026年)

      5. バイオフィルム療法の世界市場:2019年-2025年

      6. 風邪、インフルエンザ用サプリメント市場:2020~2026年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30