下肢静止不能症候群市場:2020~2026年

発行会社:Orion Market Research Pvt Ltd|商品コード:970812発行日:2020/10/19ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
下肢静止不能症候群市場:2020~2026年
Restless Legs Syndrome Market 2020-2026
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 3,600
Printable PDF (Enterprise License) USD 4,800

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の下肢静止不能症候群の市場規模は、予測期間中に6.2%のCAGRで拡大すると予測されています。下肢静止不能症候群(RLS)の有病率の増加は、市場の成長を担う重要な要因です。 RLSは、糖尿病、パーキンソン病、腎不全、腎疾患などの慢性疾患が原因で発生します。したがって、これらの疾患の高い有病率は、RLSの治療のためのデバイスの需要を創出し、ひいては同市場の成長を促進すると予想されます。

    下肢静止不能症候群市場は、種類別、治療法別、およびエンドユーザー別に分類されます。タイプ別では、市場は一次下肢静止不能症候群、二次下肢静止不能症候群に細分化されます。治療法別では、市場は投薬、治療、デバイスに分類されます。エンドユーザー別では、市場は病院、在宅医療、その他に分類されます。病院は、より高いライフサイクル、病院内の医療機器の効率化のため、エンドユーザー市場でかなりのセグメントになると予測されています。

    地理的に市場は北米、欧州、アジア太平洋、およびその他の地域に分類されます。北米は、下肢静止不能症候群の治療に利用可能な治療法に関連する患者の意識が高いため、下肢静止不能症候群市場で大きなシェアを占めています。さらに、国の高度なヘルスケアシステムは、下肢静止不能症候群の治療に使用されるデバイスと治療法の成長をサポートしています。アジア太平洋地域は、予測期間中にかなりの市場シェアを保持すると予想されます。

    Pfizer、Inc.、GlaxoSmithKline plc、Boehringer Ingelheim GmbH、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Mylan NV、Glenmark Pharmaceuticals Ltd.などは、世界の下肢静止不能症候群市場で活動している主要企業です。新製品の発売と製品開発は、これらの主要な市場プレーヤーの中心的なテーマです。さらに、下肢静止不能症候群市場の主要なプレーヤーは、市場シェアを拡大するために有機的または無機的市場活動を積極的に採用しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界の予防ワクチン市場:2020-2026年

      2. オキシコドン医薬品市場:2019-2025年

      3. 認知症治療薬市場:2020年~2026年

      4. スマートピルの世界市場:2019-2025年

      5. フォンダパリヌクス (Fondaparinux) の世界市場:2020-2026年

      6. 心停止治療の世界市場:2020年-2026年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30