世界の過活動膀胱(OAB)治療治療市場(2019年~2025年)

発行会社:Orion Market Research Pvt Ltd|商品コード:949423発行日:2020/5/15ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
世界の過活動膀胱(OAB)治療治療市場(2019年~2025年)
Global Overactive Bladder Treatment Market 2019-2025
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 3,600
Printable PDF (Enterprise License) USD 4,800

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の過活動膀胱治療市場は、予測期間中に穏やかな成長が見られると推定されています。人口の高齢化は、市場の成長を促進する主な要因です。国連によれば、2019年には世界で7億300万人が65歳以上でした。 2050年には、高齢者の数は倍増して15億人になると予想されています。 65歳以上の人口の割合は、1990年の6%から2019年の9%に増加しました。パーキンソン病や尿失禁などの症状の発症リスクは、年齢とともに増加します。尿失禁は高齢者、特に女性によく見られます。

    膀胱および尿道は年齢とともに構造変化が起こり、尿失禁の発症につながる可能性があります。これは、膀胱が正常に尿を保持することができない過活動膀胱治療の需要につながります。抗コリン薬は、過活動膀胱と失禁の症状を制御するために使用されます。これらの薬物療法は、漏出の可能性を減らし、行動療法と組み合わせて過活動膀胱の症状を緩和することができます。

    地理的には、市場は4つの主要な地域に分類されています。 北米、欧州、アジア太平洋、その他の国(RoW)です。 2018年には、神経刺激療法の需要の増加と、地域でのパーキンソン病と尿失禁の蔓延の増加により、 北米が市場で大きなシェアを占めると予想されています。アジア太平洋地域では、人口の高齢化と尿関連疾患の大幅な増加により、予測期間中に潜在的な成長が見られると推定されています。 CiplaやGlenmark Pharmaceuticals Ltd.などのインドの製薬会社が過活動膀胱治療薬の開発に向けてシフトしていることが、この地域の市場成長を後押しするとさらに予想されます。

    市場の重要なプレーヤーには、アステラス製薬株式会社、ファイザー株式会社、メドトロニックplc、アラガンplc、マイランNVなどがあります。製品の発売は、市場シェアを拡大するために市場プレーヤーが採択する重要な戦略と見なされています。たとえば、2019年4月、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.は米国でVESIcare(コハク酸ソリフェナシン)錠のジェネリックバージョン5 mgおよび10 mgの導入を宣言しました。これらは、切迫性尿失禁、尿意切迫や頻尿の症状を伴う過活動膀胱を治療することが示されているムスカリン拮抗薬です。今回の新発売により、社は米国での市場シェアを拡大する見込みです。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 関節リウマチ治療の世界市場:2019年-2025年

      2. ヘルスケアにおけるデジタルアシスタントの世界市場(2020年~2026年)

      3. バイオフィルム療法の世界市場:2019年-2025年

      4. 下肢静止不能症候群市場:2020~2026年

      5. 英国のバイオテクノロジー市場予測(2020年~2026年)

      6. 風邪、インフルエンザ用サプリメント市場:2020~2026年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30