解剖病理の世界市場 (~2025年):製品・サービス

発行会社:MarketsandMarkets|商品コード:954210発行日:2020/8/12ページ情報:ページ情報: 英文 289 Pages
タイトル
解剖病理の世界市場 (~2025年):製品・サービス
Anatomic Pathology Market by Product & Service (Instruments (Tissue Processors, Microtome), Consumables (Antibodies), Histopathology), Application (Disease Diagnosis (Cancer (Gastrointestinal, Lung)), End User, Region - Global Forecasts to 2025
価 格
PDF (Single User License) USD 4,950
PDF (5-user License) USD 6,650
PDF (Corporate License) USD 8,150

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の解剖病理の市場は予測期間中7.1%のCAGRで推移し、2020年の333億米ドルから、2025年には468億米ドルの規模に成長すると予測されています。癌やその他の標的疾患の発症率の高さ、償還のアベイラビリティ、個別化医療への注目の高まりなどの要因が同市場の成長を推進する見通しです。また、中国、インド、ブラジルなどの新興経済諸国が参入事業者に重要な成長機会を示すと予測されています。一方で、再生品のアベイラビリティ、専門家の不足、製品リコールなどの要因が市場のさらなる成長の妨げとなる見通しです。地域別では、北米地域が予測期間中の市場をリードする見通しです。慢性疾患の蔓延、医療費の増加、病院・臨床ラボのための高品質インフラ、主要事業者の存在などの要因が同地域の成長を推進しています。

    当レポートでは、世界の解剖病理の市場を調査し、市場の定義と概要、COVID-19およびその他の市場影響因子の分析、市場規模の推移・予測、製品&サービス・用途・エンドユーザー・地域/主要国など各種区分別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 血漿分画製剤の世界市場 – 2025年までの予測:IVIG、アルブミン、第VIII因子、フォンヴィレブランド因子 (VWF)、PCC、プロテアーゼ阻害剤

      2. コンパニオン診断の世界市場 (~2025年):PCR・ NGS・ISH・IHC

      3. 分析用標準物質の世界市場 – 2025年までの予測:GC、MS、LC、IR、NMR、重量法

      4. 医薬部門向け膜ろ過製品の世界市場 (~2025年): 製品 (フィルター・システム)・技術 (精密ろ過・ナノろ過)・材料 (PES・PVDF・PTFE)・用途 (最終製品・原材料・細胞分離・水)・地域別

      5. 創薬サービスの世界市場:プロセス、タイプ、薬剤タイプ、治療、企業別- 2025年までの予測

      6. ヘルスケア&ライフサイエンス産業向け自然言語処理 (NLP) の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ソリューション・サービス)・NLPタイプ (ルールベース・統計・ハイブリッド)・用途 (IVR・予測的リスクアナリティクス)・組織規模・エンドユーザー・地域別

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30