感染性腸炎治療の市場(2019年~2025年)

発行会社:Orion Market Research Pvt Ltd|商品コード:949453発行日:2020/5/22ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
感染性腸炎治療の市場(2019年~2025年)
Infectious Enteritis Treatment Market 2019-2025
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 3,600
Printable PDF (Enterprise License) USD 4,800

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の感染性腸炎治療の市場は、予測期間中に大幅に成長すると推測されます。子供におけるこの感染症の高い発症率を含む、いくつかの要因により、市場は急上昇しています。 WHOによれば、毎年およそ17億の感染性腸炎の症例が主に子供で診断されています。この感染性腸炎の発生率の増加は、感染性腸炎治療の市場の成長につながります。クロラムフェニコールやテトラサイクリンなどの感染性腸炎治療で一般的に使用される薬物は、市場の成長を後押ししています。

    世界の感染性腸炎治療の市場は、投与のタイプと経路に基づいて分割されています。タイプ別では、市場は抗生物質、抗ウイルス、その他に分類されます。投与経路別では、市場は経口と注射に分類されます。地理的には 世界の感染性腸炎治療の市場は、 北米、欧州、アジア太平洋地域、およびその他の国に分類されます。

    北米では市場の大幅な成長が見込まれており、今後数年間はその優位性を維持すると予想されます。 アボットラボラトリーズ、ファイザー社、ブリストル・マイヤーズスクイブ社などの大手企業の存在により、北米は市場へのかなりの参入に関与してきました。これらは、革新的な感染症治療薬の提供に重点を置いている、感染性腸炎治療の市場における主要企業です。また別に、技術の利用可能性の向上により、企業は治療用途を拡大するために集中的な研究開発を行うようになりました。

    市場で活動している主要企業には、アボットラボラトリーズ、ファイザー社、ブリストル・マイヤーズスクイブ社、AstraZeneca PLC, F、Hoffmann-La Roche AG、GlaxoSmithKline, PLC、Novartis AG、Teva Pharmaceuticals Industries, Ltdなどがあります。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 脂質異常症治療薬市場:2019年~2025年

      2. 小児用ワクチンの世界市場:2020年~2026年

      3. 老年医学の世界市場:2020-2026年

      4. コンパニオン診断の世界市場:2020~2026年

      5. 網膜芽細胞腫治療の世界市場:2020-2026年

      6. 下肢静止不能症候群市場:2020~2026年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30