世界の癌ワクチン市場規模調査:種類別、技術別、適応別、エンドユーザー別、および地域別予測:2020~2027年

発行会社:Bizwit Research & Consulting LLP|商品コード:956201発行日:2020/8/28ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
世界の癌ワクチン市場規模調査:種類別、技術別、適応別、エンドユーザー別、および地域別予測:2020~2027年
Global Cancer Vaccines Market Size study, by Type, by Technology, by Indication, by End-User and Regional Forecasts 2020-2027
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 4,950
Printable PDF (Enterprise License) USD 6,250

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の癌ワクチンの市場規模は2019年に約42億米ドルと評価されており、予測期間の2020~2027年には12.6%を超える健全な成長率で成長すると予測されています。

    癌ワクチンは免疫療法の一種であり、生物学的応答修飾因子と見なされています。通常、癌治療ワクチンは、細菌やウイルスに対して作用するワクチンとは異なります。癌ワクチンは、患者の体の免疫系を刺激して癌細胞と闘うことができます。これらのワクチンは、病気を予防するのではなく、主に免疫系を強化して、すでに患者の体内ですでに発生している病気を治療することに注力します。

    癌ワクチンは一般的に2つのタイプ、すなわち予防用癌ワクチンと治療用癌ワクチンがあります。予防用癌ワクチンは通常、健康な人々の間で癌疾患を予防するために使用されますが、治療用癌ワクチンは、疾患と闘うために患者の免疫反応を強化するために使用されます。

    癌患者数の増加、癌治療に対する患者の意識の高まり、および癌ワクチンの開発への投資と政府資金の増加は、予測期間中の市場のCAGRを担う要因となっています。国際癌調査機関(IARC)によると、2018年に世界中で約1,810万件の新規癌症例と960万件の癌による死亡が報告されました。また、世界での癌の罹患動向は、2040年までに、新規症例数が約2,750万件、癌による死亡者数が1,630万人近くに増加すると予測されています。これは、世界的に癌ワクチンに対する需要を高めることになるでしょう。ただし、ワクチンの開発コストの高さ、製品認可に関する厳格な政府の規範とポリシーが、2020年から2027年の予測期間における市場の成長を妨げる要因となっています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界のライフサイエンスツール市場規模:テクノロジー別、製品別、最終用途別、および地域別予測(2020~2027年)

      2. ウイルス輸送用培地の世界市場:アプリケーション・エンドユーズ・地域別の予測 (2020-2027年)

      3. 世界のラベルフリー検出市場規模:製品別、技術別、用途別、最終用途産業および地域別予測(2020年~2027年)

      4. 局所薬物送達の世界市場:タイプ別、投与経路別、使用施設別および地域別予測(2020年~2027年)

      5. リアルタイムPCR検出システムの世界市場規模:用途(臨床核酸検出、分子診断、ライフサイエンス調査)、タイプ、および地域別の予測

      6. 遠隔精神医療の世界市場:製品別、エンドユーザー別、地域別の市場規模と予測:2020年-2027年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30