癌治療用インターベンションデバイス市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

発行会社:Mordor Intelligence Pvt Ltd|商品コード:964938発行日:2020/8/1ページ情報:ページ情報: 英文 110 Pages
タイトル
癌治療用インターベンションデバイス市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)
Interventional Oncology Devices Market - Growth, Trends, and Forecasts (2020-2025)
価 格
PDF (Single User License) USD 4,250
PDF (Team License: Up to 7 Users) USD 4,750
PDF (Site License) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の癌治療用インターベンションデバイスの市場規模は、予測期間中に8.3%のCAGRで成長する見込みです。

    市場成長の主な要因は、世界中での癌の発生率の増加、低侵襲手術への高い選好、先進国の政府からの資金の増加、および介入腫瘍治療のための有利な償還シナリオがあります。 WHOの報告によると、癌は世界で2番目に多い死因であり、2018年には1,810万人の新規症例、推定960万人が死亡しました。米国癌学会によると、2020年には米国だけで180万6,590人の新規癌症例と60万6,520人が癌によって死亡すると予測されています。したがって、世界中の癌の発生率の増加は、予測期間中に癌治療用インターベンションデバイス市場の成長を推進します。ただし、医療機器の使用に関する厳しい規制は、市場の成長をある程度妨げる可能性があります。

    当レポートでは、癌治療用インターベンションデバイス市場を調査し、市場概要、市場の成長要因および阻害要因の分析、タイプ別・癌の種類別・地域別の市場規模の推移と予測、競合情勢、主要企業のプロファイル、市場機会など、包括的な情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. マラリア診断市場 – 成長、動向、予測(2020年~2025年)

      2. 世界の非ホジキンリンパ腫治療薬市場:成長、動向および予測

      3. 骨癌治療の世界市場:成長、動向、予測(2019~2024年)

      4. 胸水治療の世界市場:成長、動向、予測(2020年~2025年)

      5. SNPジェノタイピングの世界市場 – 成長、動向、予測(2019年~2024年)

      6. 前頭側頭症の治療市場:成長、動向、予測(2020年~2025年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30