治療薬物モニタリング (TDM) の世界市場 (~2025年):製品 (機器 (イムノアッセイアナライザー)・消耗品)・技術 (イムノアッセイ・クロマトグラフィーMS)・薬剤クラス (抗生物質薬・気管支拡張薬)・エンドユーザー別

発行会社:MarketsandMarkets|商品コード:960372発行日:2020/9/7ページ情報:ページ情報: 英文 230 Pages
タイトル
治療薬物モニタリング (TDM) の世界市場 (~2025年):製品 (機器 (イムノアッセイアナライザー)・消耗品)・技術 (イムノアッセイ・クロマトグラフィーMS)・薬剤クラス (抗生物質薬・気管支拡張薬)・エンドユーザー別
Therapeutic Drug Monitoring Market by Product (Equipment (Immunoassay Analyzers), Consumables), Technology (Immunoassays, Chromatography-MS), Class of Drugs (Antibiotic Drugs, Bronchodilator Drugs), End User - Global Forecast to 2025
価 格
PDF (Single User License) USD 4,950
PDF (5-user License) USD 6,650
PDF (Corporate License) USD 8,150

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の治療薬物モニタリング (TDM) の市場規模は予測期間中6.9%のCAGRで推移し、2020年の14億米ドルから、2025年には20億米ドルの規模に成長すると予測されています。臓器移植手術の増加、さまざまな治療分野におけるTDM利用の拡大、精密医療が好まれる傾向、TDM関連R&Dへの注目度の高まり、免疫測定装置の技術進歩などの要因が同市場の成長を推進しています。また、自己免疫疾患治療における導入の拡大は参入事業者に幅広い成長機会を示すものと期待されています。

    技術別で見ると、2019年はイムノアッセイの部門が最大のシェアを占めました。同部門は慢性疾患および感染症の発症率の増加、技術革新などの影響から、予測期間中も最速の成長を示すと予測されています。また、薬剤クラス別では、抗てんかん薬の部門が同年、最大の市場シェアを示しました。さらに地域別では、北米地域が予測期間中の市場をリードする見通しです。一人当たりの医療支出の増加、先進的な医療インフラの存在、政府機関による各種取り組みなどの要因が同地域の成長を推進しています。

    当レポートでは、世界の治療薬物モニタリングの市場を調査し、市場の定義と概要、バリューチェーン、COVID-19およびその他の市場影響因子の分析、市場規模の推移・予測、製品・技術・薬剤クラス・エンドユーザー・地域/主要国など各種区分別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. オリゴヌクレオチド合成の世界市場 (~2026年):製品 (薬剤・合成オリゴ (プライマー・プローブ)・試薬)・タイプ (カスタム・事前設計)・用途 (治療 (ASO・siRNA)・研究 (PCR)・診断)・エンドユーザー (病院・製薬・CRO)・地域別

      2. 医薬品原薬 (API) の世界市場 (~2025年):タイプ (革新薬・ジェネリック薬)・製造業者区分 (自社用・販売用)・合成区分 (合成・バイオ技術)・製品区分 (ワクチン・ホルモン)・医薬品区分 (OTC・Rx)・疾患区分 (糖尿病・癌・CVD)・地域別

      3. 医療向け情報技術 (IT) 市場に対するCOVID-19の影響 – 2021年までの世界予測:テレヘルス、クラウドコンピューティング、人工知能 (AI)、アナリティクス、RCM、PACS、VNA、EHR、IoT、電子処方箋、PM

      4. 分析用標準物質の世界市場 – 2025年までの予測:GC、MS、LC、IR、NMR、重量法

      5. 動物の腸の健康の世界市場 (~2025年):添加物 (プロバイオティクス・プレバイオティクス・フィトジェニクス・免疫刺激剤)・家畜区分 (家禽・豚・反芻動物・水産養殖・その他)・形態 (乾燥・液体)・原料・地域別

      6. 動物医療市場 – 2024年までの予測:犬、猫、馬、牛、豚、家禽

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30