水痘ワクチン市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

発行会社:Mordor Intelligence Pvt Ltd|商品コード:964956発行日:2020/8/1ページ情報:ページ情報: 英文 105 Pages
タイトル
水痘ワクチン市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)
Varicella Vaccine Market - Growth, Trends, and Forecast (2020 - 2025)
価 格
PDF (Single User License) USD 4,250
PDF (Team License: Up to 7 Users) USD 4,750
PDF (Site License) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の水痘ワクチンの市場規模は、予測期間中に5.6%のCAGRで成長すると予測されています。水痘ワクチンには、水痘帯状疱疹(水痘)ウイルスの弱毒化生株が含まれています。これらのワクチンは、感染が帯状疱疹や水痘などの深刻な病気を引き起こす可能性があるため、水痘帯状疱疹ウイルスに対する免疫系を刺激します。水痘ワクチンには、一価ワクチンと水痘混合ワクチンの2種類があります。一価ワクチンには水痘帯状疱疹ウイルスの単一の弱毒株が含まれていますが、水痘混合ワクチンには複数の感染性病原体株が含まれています。これらのワクチンは、水痘、帯状疱疹およびおたふく風邪、はしか、風疹、および水痘の予防接種に使用されます。水痘免疫の欠如は、皮膚、軟部組織、骨、関節または血流(敗血症)の細菌感染、肺炎、脳炎などの合併症に加えて、さらには死を引き起こす可能性があります。

    2019年時点で、世界の年間水痘疾患の患者数は1億4000万人と推定されており、これらのうち420万人が、入院や死亡につながる可能性のある重篤な合併症がありました。また、新生児や免疫不全患者は特にリスクが高いです。

    さらに、米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米国では毎年約1万1,000人が水痘の合併症のために入院しています。

    さらに、水痘ワクチンの使用に関する意識の高まり、予防接種プログラムへの政府の積極的な参加、および水痘ワクチンの受け入れの急増は、水痘ワクチン市場の主要な推進要因です。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. マラリア診断市場 – 成長、動向、予測(2020年~2025年)

      2. 世界のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療市場:治療法、治療タイプ、エンドユーザー、地域別

      3. CROの世界市場:成長、動向、予測(2020~2025年)

      4. 世界のアプタマー市場 – 成長、傾向、および予測(2019年 – 2024年)

      5. ホルモン補充療法の世界市場 – 成長、動向、予測

      6. 世界の淋病治療市場:成長、動向、および予測

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30