ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場(2020年~2027年)

発行会社:DataM Intelligence|商品コード:954258発行日:2020/8/20ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場(2020年~2027年)
Global Viral Vector and Plasmid DNA Manufacturing Market - 2020-2027
価 格
PDF & Excel (Single User License) USD 3,750
PDF & Excel (Site License) USD 4,000
PDF & Excel (Enterprise License) USD 7,250

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界のウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場は、DNAワクチン、遺伝子治療、免疫療法などを開発するためのウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の需要の高まりに牽引されています。高いトランスフェクション効率、効果的な遺伝子送達、安定した遺伝子発現などの利点により、ウイルスベクターとプラスミドDNAの使用が増加しに伴い、ウイルスベクターやプラスミドDNAの有効性や安全性を調べるための臨床研究が増加しています。また、世界市場において北米が市場を独占しています。予測期間中には、遺伝子疾患、がん、感染症などの治療へのウイルスベクター・プラスミドDNAの使用を評価するための臨床試験の増加による市場拡大が見込まれています。先進細胞治療薬の承認が増加していることが市場の成長を促進すると考えられ、遺伝子治療の研究開発活動が活発化しています。食品医薬品局(FDA)による細胞および遺伝子治療の規制支援の改善に向けた取り組みの増加は、ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の需要を後押しするものと見込まれています。

    当レポートは、世界のウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造市場について調査しており、市場成長および抑制要因、影響や機会、製品タイプ・用途・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 抗高脂血症薬の世界市場 (2021年~2028年)

      2. 疣贅 (いぼ) 治療薬の世界市場 (2020年~2027年)

      3. ヘンプオイルの世界市場 (2020年~2027年)

      4. 消化酵素の世界市場:将来展望 (2020年~2027年)

      5. 世界デング熱検査市場:2021~2028年

      6. がん治療薬の世界市場(2020年~2027年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30