動物用ワクチンの世界市場:業界展望、包括的な分析、2020年から2026年の予測

発行会社:Zion Market Research|商品コード:956361発行日:2020/8/19ページ情報:ページ情報: 英文 110 Pages
タイトル
動物用ワクチンの世界市場:業界展望、包括的な分析、2020年から2026年の予測
Animal Vaccines Market: Global Industry Perspective, Comprehensive Analysis and Forecast, 2020 - 2026
価 格
PDF (Single User License) USD 4,199
PDF (Multi User License) USD 5,199
PDF (Corporate User License) USD 7,199

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の動物用ワクチンの市場規模は、2019年に約102億米ドルとなりました。同市場は、2020年から2026年の間に約6.1%のCAGRで成長する見通しで、2026年には約155億米ドルに達すると予測されています。

    同成長は、家畜人口の増加と家畜の病気の頻繁な発生により後押しされており、人獣共通感染症の有病率の上昇、さまざまなイニシアチブへの政府機関や動物団体による注目、新しいタイプのワクチンの導入などは市場の成長にプラスの影響を与えています。また、技術革新、新興国における動物の健康に関する意識の高まりなどは、同市場の成長を後押しする他の要因となっています。

    アジア太平洋地域は、食肉の消費と貿易の増加により、世界市場で高成長を遂げています。この傾向は、中国における食肉消費量の増加によるものです。世界市場は北米が支配しており、欧州とアジア太平洋がそれに続いています。

    当レポートは、世界の動物用ワクチン市場について調査しており、市場機会、成長および抑制要因、ワクチンタイプ・疾患カテゴリー・製品タイプ・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 陰茎がんの市場規模:業界分析、シェア、成長、動向、2020年~2026年の予測

      2. サラセミアの世界市場 – 最新の業界考察、総合分析と予測:2019年~2026年

      3. 甲状腺疾患治療薬の世界市場 (疾患の種類別・治療薬の種類別・地域別):業界展望、包括的分析、将来予測 (2019年~2026年)

      4. OTC医薬品の世界市場:2020-2026年

      5. ピペットと付属品の世界市場:タイプ別、用途別の業界展望、分析、予測、2020年~2026年

      6. 神経バイオマーカーの世界市場:用途、タイプ、エンドユーザー、地域別 – 業界展望、包括的な分析、2020年~2026年の予測

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30