動物用ワクチンの市場規模:動物タイプ、技術、疾患、投与経路、流通チャネル、地域別、競合、予測および機会(2025年)

発行会社:TechSci Research|商品コード:955716発行日:2020/9/1ページ情報:ページ情報: 英文 125 Pages
タイトル
動物用ワクチンの市場規模:動物タイプ、技術、疾患、投与経路、流通チャネル、地域別、競合、予測および機会(2025年)
Global Animal Vaccine Market, By Animal Type, By Technology, By Disease, By Route of Administration, By Distribution Channel, By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2025
価 格
Unprintable PDF and Excel (Single User License) USD 4,450
PDF and Excel (Multi-User License) USD 5,450
PDF and Excel (Custom Research License) USD 9,450

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の動物用ワクチンの市場規模は、2019年に約63億米ドルとなり、2025年には81億米ドルに成長すると予測されています。同市場の主な成長要因には、肉の消費量増加、コンパニオンアニマル、家畜、豚などの個体数の増加に伴う動物の病気の発生率増加が挙げられます。さらに、一般的なペット文化により、ペットの予防接種を受けて健康を維持することはペットの飼い主の責任となっており、政府のイニシアチブの増加により、市場成長が勢いを増しています。また、疾患セグメントにおいて口蹄疫が2019年の市場を支配しており、予測期間中も同様に高いシェアと保つ見通しです。

    当レポートは、世界の動物用ワクチン市場について調査しており、市場規模・シェアおよび予測、成長要因および課題、動物タイプ・疾患・技術・投与経路・流通チャネル・地域別の市場分析、競合情勢、主要企業のプロファイル等の情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. ジェネリック医薬品の世界市場:種類別・用途別・薬剤送達の経路別・形状別・調達先別・流通チャネル別・企業別・地域別の将来予測と市場機会 (2026年)

      2. インドの酵素市場:種類別・原料別・用途別 (産業用酵素、特殊酵素)・地域別の将来予測と市場機会 (2025年)

      3. 世界のヒトインスリンの市場予測・競合動向・成長機会 (~2025年):適応症・ブランド・投与経路・タイプ・作用発現時間・製品・地域別

      4. 免疫力強化製品の世界市場 – 競合・予測・機会:2025年

      5. 病原体低減システムの世界市場:競合・成長予測・市場機会 (~2025年)

      6. ジェネリック医薬品の世界市場:種類別・用途別・薬剤送達の経路別・形状別・調達先別・流通チャネル別・企業別・地域別の将来予測と市場機会 (2026年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30