肺疾患治療薬市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

発行会社:Mordor Intelligence Pvt Ltd|商品コード:964907発行日:2020/8/1ページ情報:ページ情報: 英文 114 Pages
タイトル
肺疾患治療薬市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)
Pulmonary Drugs Market - Growth, Trends, and Forecast (2020 - 2025)
価 格
PDF (Single User License) USD 4,250
PDF (Team License: Up to 7 Users) USD 4,750
PDF (Site License) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の肺疾患治療薬の市場規模は、予測期間中に5.4%のCAGRで拡大すると予測されています。市場の成長を推進している要因には、肺疾患の有病率の上昇と高齢人口の増加などがあります。

    肺疾患は、長期間にわたって気道や肺の他の部位に影響を及ぼします。呼吸器症状は、プライマリヘルスケアセンターの医師に相談に訪れる主な理由の一つになっています。

    予防可能な主な慢性呼吸器疾患には、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、アレルギー性鼻炎、睡眠時無呼吸、結核(主に多剤耐性結核)があります。 2018年の世界の喘息レポートによると、肺疾患は世界で10億人以上が患っています。喘息は中でも最大で、子供、成人、および高齢者が罹患します。北米、欧州、およびアジア太平洋諸国の有病率が中程度であるのと比較すると、中東・アフリカやラテンアメリカなどの新興市場では重度の喘息の有病率が高くなっています。

    呼吸器疾患の有病率が増加しているもう1つの理由は、大都市や工業地帯での過度の環境汚染です。さらに、副流煙曝露も深刻な呼吸器疾患につながります。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 世界の肺炎球菌ワクチン市場:成長、動向、および予測

      2. ニキビ治療薬の世界市場:成長、動向、および予測(2019年~2024年)

      3. 豚の健康管理の世界市場 – 成長、動向、予測(2020年~2025年)

      4. 免疫療法薬の世界市場:成長率、動向および予測分析(2020年~2025年)

      5. ビッグデータヘルスケア市場 – 成長、傾向、予測

      6. 赤血球造血刺激因子製剤(エリスロポエチン製剤:ESA)の世界市場 – 成長、動向、予測(2019年~2024年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30