風邪、インフルエンザ用サプリメント市場:2020~2026年

発行会社:Orion Market Research Pvt Ltd|商品コード:970680発行日:2020/9/17ページ情報:ページ情報: 英文
タイトル
風邪、インフルエンザ用サプリメント市場:2020~2026年
Cold and Flu Supplements Market 2020-2026
価 格
Unprintable PDF (Single User License) USD 3,600
Printable PDF (Enterprise License) USD 4,800

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    世界の風邪、インフルエンザ用サプリメントの市場規模は、予測期間中に大幅なCAGRで拡大すると予測されています。風邪、インフルエンザ用サプリメント市場の成長は、主にさまざまなオンラインプラットフォームでサプリメントが入手できるようになったことによって推進されています。さらに、風邪やインフルエンザのサプリメントとして使用されるいくつかのOTC(市販)薬が容易に入手できることも予測期間中の市場の成長を促進します。さらに、最近のCOVID-19のアウトブレイクにより、免疫ブースターの消費の増加が世界的に広がっており、それが市場の成長を急増させています。

    世界の風邪、インフルエンザ用サプリメント市場は、製品タイプ別では、天然分子、ハーブ抽出物、およびビタミン・ミネラルに分類されます。形態別では、市場は錠剤、カプセル、粉末、および液体に細分化されます。ビタミン・ミネラルセグメントは、市場で大きなシェアを占めると推定されています。ビタミンCと亜鉛はこのセグメントの最も一般的な製品の2つです。さらに、風邪やインフルエンザ用のハーブ抽出製品は、予測期間中にかなりの成長を示すと予想されます。

    地理的に、世界の風邪、インフルエンザ用サプリメント市場レポートは、北米(米国およびカナダ)、欧州(英国、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、およびその他)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他)、およびその他の諸国の4つの主要な地域を分析しています。北米は、予測期間中に市場の大幅な成長を示すと予想されます。この地域での成長は、免疫力を高めるために地域全体で天然サプリメントの採用が増えているためです。

    さらに、レポートは、世界の風邪、インフルエンザ用サプリメント市場で活動しているさまざまなプレーヤーの分析も行なっています。レポートの対象となるプレーヤーには、GlaxoSmithKline plc、Herbalife International of America、Inc.、Himalaya Global Holdings Ltdなどがあります。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. アダリムマブの世界市場:2020-2026年

      2. 前立腺肥大症(BPH)治療の市場:2019-2025年

      3. バイオフィルム療法の世界市場:2019年-2025年

      4. 糖尿病治療薬の世界市場:2020年~2026年

      5. 尿路上皮がん治療薬の世界市場 (2019~2025年)

      6. プロトンポンプ阻害剤(PPI)市場(2020年~2026年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30