多発性硬化症治療薬市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

発行会社:Mordor Intelligence Pvt Ltd|商品コード:964911発行日:2020/8/1ページ情報:ページ情報: 英文 112 Pages
タイトル
多発性硬化症治療薬市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)
Multiple Sclerosis Therapeutics Market - Growth, Trends, and Forecast (2020 - 2025)
価 格
PDF (Single User License) USD 4,250
PDF (Team License: Up to 7 Users) USD 4,750
PDF (Site License) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    多発性硬化症治療薬の市場規模は、多発性硬化症の有病率の上昇や、多発性硬化症向けのパイプライン製品への企業の注目の高まりなどにより、将来、高い成長率で拡大すると予測されています。

    大手製薬会社は医薬品開発プロセスに多額の投資を行っており、多数の顧客に対応するために、可能な限り多くの適応症をターゲットにすることを計画しています。これにより、多発性硬化症市場も恩恵を受けています。例えば、多発性硬化症のために開発されている薬には、再発寛解型多発性硬化症、二次進行型多発性硬化症、一次進行型多発性硬化症、およびミエリン修復または神経保護のための薬があります。

    同市場のリーダーであるBiogenは、現在開発の第3相にあるフマル酸ディロキシメルを開発しています。同様に、Novartisはオファツムマブを開発しており、これも第3相にあります。

    上記の企業と同様に、他にもPfizer Inc.など、多発性硬化症のための医薬品を開発している企業があります。これは、多発性硬化症のパイプライン薬が予測期間における同市場の成長を後押しする可能性があることを示しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 手術部位感染防止の世界市場:成長、動向、予測(2019~2024年)

      2. 世界の創薬市場:医薬品タイプ、技術、サービス、エンドユーザー、地域別 – 成長、動向、予測

      3. 緑内障治療市場-成長、動向、および予測(2020年~2025年)

      4. 集団健康管理の世界市場:成長、動向、および予測

      5. 核酸増幅検査(NAAT, NAT)の世界市場:成長、動向、および予測

      6. 世界の基底細胞癌治療市場:成長、動向、および予測(2020年~2025年)

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30