注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 市場 – 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):薬剤タイプ (神経刺激薬・非神経刺激薬)・年齢層・流通チャネル・地域別

発行会社:Coherent Market Insights|商品コード:959432発行日:2020/8/26ページ情報:ページ情報: 英文 184 Pages
タイトル
注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 市場 - 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):薬剤タイプ (神経刺激薬・非神経刺激薬)・年齢層・流通チャネル・地域別
Attention-deficit/Hyperactivity Disorder Therapeutics Market, By Drug Type (Stimulants, Non-stimulants ), By Age Group, By Distribution Channel, and By Region - Size, Share, Outlook, and Opportunity Analysis, 2020 - 2027
価 格
PPT Turned PDF (Single User License) USD 4,500
PPT Turned PDF (Multi-user License) USD 7,000
PPT Turned PDF (Enterprise User License) USD 10,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    注意欠陥・多動性障害 (ADHD)は神経障害です。障害は衝動性、多動性、注意困難を特徴とします。ADHDの治療には、カウンセリング、薬物療法、ライフスタイルの変更の組み合わせが含まれます。ADHDは成人および子供で最も一般的に診断される精神障害であり、正確な原因はほとんどの場合不明です。米国国立精神衛生研究所(NIMH)の研究者たちは、遺伝、脳損傷、低出生体重、妊娠中の薬物使用、幼年期の鉛などの環境毒素への暴露など、精神疾患に影響を与える要因を示唆しています。薬物療法、カウンセリング、ライフスタイルの変更、またはこれらの治療法の組み合わせなど、現在利用可能な治療法は、患者の機能を改善して症状を軽減するのに役立ちます。

    予測期間中に注意欠陥・多動性障害 (ADHD)治療薬市場の成長を妨げると見込まれる主な要因は、副作用と薬物乱用のリスクです。

    当レポートでは、世界の注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 市場について調査し、市場の概要、市場に影響を及ぼす要因の分析、各セグメント・地域別の市場分析、主要企業のプロファイルなどを提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. 出血性ショック治療薬の世界市場 – 薬剤別・流通チャネル別・地域別:市場規模・シェア・将来展望・機会分析

      2. 抗炎症薬市場 – 市場規模、シェア、見通し、機会分析:2020年~2027年

      3. ブタクサ花粉アレルギー治療の世界市場:薬剤クラス別、流通チャネル別、地域別の市場規模、シェア、展望、機会分析:2020年-2027年

      4. 吸入抗菌薬市場 – 規模・シェア・展望・機会分析 (2020-2027年):製品タイプ・用途・流通チャネル・地域別

      5. 大麻栽培市場 – タイプ・原料・アプリケーション・地域別:市場規模・シェア・展望・機会・分析 (2020-2027年)

      6. 高力価原薬の世界市場:分子タイプ別、製造技術別、用途別、地域別の市場規模、シェア、展望、機会分析、2020年~2027年

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30