痛覚過敏症:パイプライン分析

発行会社:Global Markets Direct|商品コード:293882発行日:2020/7/31ページ情報:ページ情報: 英文 40 Pages
タイトル
痛覚過敏症:パイプライン分析
Hyperalgesia - Pipeline Review, H2 2020
価 格
PDF (Single user license) USD 2,000
PDF (Site license) USD 4,000
PDF (Global license) USD 6,000

    サンプル請求見積依頼購入希望




    概要
    痛覚過敏症は疼痛反応の増大です。素因には長期間のオピオイド利用、炎症、侵害受容体の損傷、末梢神経の損傷および精神的疾患などが含まれます。治療には抗うつ薬および非ステロイド系抗炎症薬が用いられます。

    当レポートでは、痛覚過敏症に対する治療薬の開発状況について調査分析し、パイプライン製品の概要、治験の段階別の製品の概要、主要企業プロファイル、および薬剤のプロファイルなどについて、体系的な情報を提供しています。

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      サンプル請求見積依頼購入希望




      関連レポート

      1. B細胞性慢性リンパ性白血病:パイプライン分析

      2. 狂犬病:パイプライン製品の分析

      3. ギラン・バレー症候群:パイプライン製品の分析

      4. 慢性蕁麻疹:パイプライン製品の分析

      5. 乏突起膠腫:パイプライン製品の分析

      6. 慢性腎疾患(慢性腎不全):パイプライン製品の分析

      1. 鎌状赤血球病:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      2. 気管支肺異形成症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      3. 骨肉腫:パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      4. 肺動脈性高血圧症 : パイプライン製品の分析

        2021.08.30

      5. 肛門癌:パイプライン分析

        2021.08.30