開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決定をするには?

発行会社:Eversana|商品コード発行日:2021年1月11日ページ情報:ページ情報: 英文 13ページ
タイトル
開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決定をするには?
Case Study: Early-Stage Asset Valuation
価 格
無料:  登録後にメールですぐにページURLとパスワードの送信を致します。

    ホワイトペーパー登録

    すぐにページURLとパスワードをメールですぐに送信します。

    概要
    EVERSANAが提供するケーススタディのホワイトペーパーです。自己疾患免疫領域で10年後の上市を目指し開発中です。競争の激しいグローバル市場での同薬剤の価値を最大化するために提供したアプローチとは?Eversanaはどのようにして早期開発品の価値を最大化したのでしょうか。自社開発を継続?ライセンスアウトのタイミングは?リスクは?同社が提供したアプローチの具体的な事例の一部をホワイトペーパーとして提供いたします。

    開発初期での正しい道を選択することは、多くの製薬企業にとって難しい決断です。このケースでは、クライアントは約10年後の上市を見据えた自己免疫領域の新薬を開発中です。

    クライアントは開発品のの価値を最大化しする開発戦略を立てる必要があります。 競争の激しい自己免疫疾患市場においてEversanaはどのようにしてクライアントの早期開発品の価値を最大化したのでしょうか。

    実際、開発戦略を選択する際に、クライアントは多少のリスクを含むトレードオフを行いましたが、初期の期待価値を大幅に高めることができました。このケーススタディは、以下のような多くの製薬企業が直面している課題に対する答えを提供しています。

    ■ 早期開発品の発売を予測する際に、不確実な市場をどのように考慮すべきか?
    ■ 不確実性に直面した場合、どのように開発の選択をすべきか?
    ■ 臨床試験の最適なタイミングと順番は?
    ■ リスクとアップサイドのバランスを考えた場合、製品の開発を継続する価値はあるのか?
    ■ リスクを軽減し、アップサイドを高めるためにはどうすればいいのか?

    このホワイトペーパーのダウンロードをご希望の方は、無料でご提供しております。

    紹介記事:開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決定をするには?

    本レポート・データベースの資料請求はこちらから

      ホワイトペーパー登録

      すぐにページURLとパスワードをメールですぐに送信します。

      関連レポート

      1. 脊椎関節炎:世界の治験動向 (2020年上半期)

      2. 軸性脊椎関節炎疾患:世界の治験動向 (2020年下半期)

      3. サイトカイン放出症候群(CRS):市場洞察、疫学、および2030年までの予測

      4. 抗炎症薬 – 市場考察、疫学、市場予測:2030年

      5. 皮膚炎 (湿疹) – 世界の臨床試験レビュー:2020年下半期

      6. ターナー症候群 – 世界の臨床試験レビュー:2020年前期