卵巣がん:市場分析、疫学、市場予測 (2030年)

    卵巣がん:市場分析、疫学、市場予測 (2030年)

    Ovarian Cancer - Market Insight, Epidemiology and Market Forecast - 2030

    製薬会社向け市場調査レポート
    提供会社:DelveInsight

    PDF (Single User License) USD 6,950
    PDF (Site License) USD 13,900
    PDF (Global License) USD 20,850

    当レポートでは、世界の主要7カ国 - 米国、欧州主要5ヶ国 (EU5:フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・英国)、日本 - における卵巣がんの疫学的動向と今後の市場見通しについて分析し、疾患の概要や市場の基本構造、現在の治療法とアンメットニーズ、有病者数の動向見通し、上市済み/治験中の治療薬のプロファイル、世界全体/各国の市場規模 (過去3年間・今後11年間分)、主な市場促進・抑制要因、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

     

    概 要 
    商品名: 卵巣がん:市場分析、疫学、市場予測 (2030年)
    発行会社:DelveInsight
    商品コード:966714
    発行日:納期: 2~10営業日
    ページ情報:英文 200 Pages


    当レポートでは、世界の主要7カ国 - 米国、欧州主要5ヶ国 (EU5:フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・英国)、日本 - における卵巣がんの疫学的動向と今後の市場見通しについて分析し、疾患の概要や市場の基本構造、現在の治療法とアンメットニーズ、有病者数の動向見通し、上市済み/治験中の治療薬のプロファイル、世界全体/各国の市場規模 (過去3年間・今後11年間分)、主な市場促進・抑制要因、といった情報を取りまとめてお届けいたします。

    本レポートの卵巣癌市場展望は、現在の治療法が市場に与える影響、アンメットニーズ、ドライバーと障壁、より優れた技術の需要を分析することにより、卵巣癌市場の歴史、現在、および予測動向を詳細に理解することを支援するものです。

    このセグメントでは、各市販薬および後期パイプライン治療薬の卵巣癌市場動向について、年間治療費、包含基準および除外基準、作用機序、コンプライアンス率、市場ニーズの高まり、患者数の増加、対象患者層、発売予定年、他の治療との競合、ブランド価値、市場への影響、主要オピニオンリーダーの見解に基づいて、その影響を評価することにより詳細に説明します。算出された市場データは、関連する表やグラフとともに提示され、一目で市場を把握することができます。

    以下のような質問にこのレポートは答えます

    市場のインサイト

    ■ 現在の卵巣がん市場シェア(%)分布と、2030年にはどうなっているか?
    ■ 予測期間における卵巣癌の総市場規模および7MMの治療法別市場規模はどうなるのか?
    ■ 7MM全体の市場に関する重要な知見と、予測期間において卵巣癌の市場規模が最も大きくなる国はどこか?
    ■ 予測期間における7MMの卵巣がん市場は、どの程度のCAGRで成長すると予測されますか?
    ■ 予測期間における7MMの卵巣癌市場展望はどうなるのか?
    ■ 2030年までの卵巣癌市場の成長と、2030年における市場規模は?
    ■ 市場促進要因、障壁、将来の機会は、市場力学とその後の関連動向分析にどのように影響するか?

    疫学

    ■ 卵巣癌の疾病リスク、負担、アンメットニーズは何か?
    ■ 米国、EU5(ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、英国)、日本の主要7市場における卵巣癌の過去の患者数はどの程度か?
    ■ 米国、EU5(ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、英国)、日本の7つの主要市場における卵巣癌の予測患者数はどの程度か?
    ■ 卵巣がんの患者数に関して、7MMの成長機会はどのようなものになるのか?
    ■ 7MM諸国のうち、予測期間(2017-2030年)に卵巣がんの有病人口が最も多い国はどこですか?
    ■ 予測期間(2017-2030年)において、7MMの人口はどの程度のCAGRで増加すると予想されますか?
    ■ 現在の治療シナリオ、市販薬、新興治療薬。

    ■ 卵巣癌治療の現在の選択肢は、承認された治療法とともにどのようなものですか?
    ■ 米国、欧州、日本における卵巣癌の治療に関する現在の治療ガイドラインは?
    ■ 卵巣癌の市販薬とそのMOA、規制上のマイルストーン、製品開発活動、利点、欠点、安全性と有効性など、どのようなものがありますか?
    ■ 卵巣癌の治療薬を開発している企業は何社ありますか?
    ■ 各社が開発中の卵巣癌治療薬は何種類ありますか?
    卵巣癌の治療法として、開発中期、後期段階にある新興の治療法はいくつあるのか?
    ■ 卵巣癌治療に関する主な共同研究(産学連携)、M&A、ライセンス活動とは?
    ■ 既存の治療法の限界を克服するために開発された最近の新規治療法、標的、作用機序、技術について教えてください。
    ■ 卵巣癌の臨床研究はどのように進められているか、またその状況は?
    ■ 卵巣癌の新たな治療法として承認された重要な指定は何ですか?
    卵巣癌の世界市場はどのような歴史があり、どのように予測されているのか?

    購入する理由

    ■ 卵巣癌の市場を形成・牽引するトレンドを把握することで、ビジネス戦略の立案に役立てる。
    ■ 卵巣癌市場における将来の市場競争を理解し、主要な市場ドライバーと障壁を洞察的に検討するため
    ■ 米国、欧州(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、英国)、日本における卵巣癌の最適な機会を特定することによる営業およびマーケティング活動の組織化
    ■ 市場における強力な新進プレイヤーの特定は、競合他社に先行するための戦略立案に役立ちます。
    ■ 卵巣癌市場の最適な機会を特定することで、営業およびマーケティング活動を組織化する
    ■ 卵巣癌市場における今後の市場競争を理解するために

    サンプルページ・資料請求

      製薬業界むけレポート・コラム

      1. 静脈血栓塞栓症市場 – 市場の洞察、競合情勢、市場予測:2027年

      2. フローサイトメトリー市場 – 市場の洞察、競合情勢、市場予測:2027年

      3. IBREXAFUNGERP:新しいカンジダ血症治療薬の分析・予測 (~2030年)

      4. C型肝炎ウイルス感染症:疫学洞察(2030年までの予測)

      5. 血糖モニタリングシステム市場:考察、競合情勢、市場予測 (2025年)

      6. 治療抵抗性うつ病(TRD)市場 – 市場の洞察、疫学、市場予測-2032年

      7. 尿管鏡:市場考察・競合情勢・市場予測 (~2025年)

      8. 鎌状赤血球症(SCD)- 市場洞察、疫学、市場予測 2028年

      9. 神経血管血栓除去装置:市場分析、競合情勢、市場予測 (2025年)