PARP阻害薬 – 競合情勢・市場・パイプライン分析

    PARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬 - 競合情勢・市場・パイプライン分析

    PARP Inhibitors - Competitive Landscape, Market and Pipeline Analysis, 2020

    製薬会社向け市場調査レポート
    提供会社:DelveInsight

    PDF (Single User License) USD 3,250
    PDF (Site License) USD 6,500
    PDF (Global License) USD 9,750

    当レポートでは、世界のPARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬市場について調査し、進行中の治療研究・開発に関する考察、パイプライン薬の情報とさまざまな段階の比較分析など、体系的な情報を提供しています。

     

    概 要 
    商品名: PARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬 - 競合情勢・市場・パイプライン分析
    発行会社:DelveInsight
    商品コード:927152
    発行日:納期: 2~10営業日
    ページ情報:英文


    当レポートでは、世界のPARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬市場について調査し、進行中の治療研究・開発に関する考察、パイプライン薬の情報とさまざまな段階の比較分析など、体系的な情報を提供しています。


    ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)は、標的タンパク質上のADP-リボース転移を触媒する新しい酵素ファミリーです。PARPは、50年以上前にPaul Mandelの研究室で、ラット肝臓抽出液にニコチンアミドモノヌクレオチドを加えた後に新しいポリアデニル酸が合成されるのを観察し、初めて同定されました。

    1980年までには、これらの酵素がDNA修復に関与していることが知られるようになり、PARPはDNAの損傷によって活性化され、DNAの修復に不可欠な役割を担っています。

    レポートでは、この作用機序の治療開発に関する包括的な洞察を提供します。

    本レポートは、以下のような洞察を提供します。

    ■ PARP阻害剤の作用機序を示す市場で入手可能な薬剤の詳細なプロファイルと、2030年までの売上実績と予測
    ■ PARP阻害剤の治療法を開発中の企業、および各企業が開発した治療法
    ■ PARP阻害剤の非臨床段階、初期段階、中期段階、後期段階の開発候補の詳細なプロファイル。
    ■ PARP Inhibitorsの標的治療薬開発に携わる主要企業を、それぞれのアクティブおよびインアクティブ(休眠または中止)プロジェクトを分析
    ■ 開発段階、投与経路、標的受容体、単剤または併用療法、異なる作用機序、分子タイプに基づき、開発中の活発なパイプライン治療法の評価
    ■ PARP阻害剤の将来の開発に関する共同研究(企業間提携、企業-アカデミア提携)、ライセンス契約、資金調達の詳細分析

    本レポートの目的は、PARP阻害剤の治療競争環境について理解することであり、この分野における市販品およびパイプラインを含みます。市販品に関する詳細な情報を、2030年までの売上実績と予測とともに提供します。さらに、フェーズIII、フェーズII、フェーズI、前臨床、創薬など、さまざまな開発段階における薬剤プロファイルの比較パイプライン分析も提供しています。

    企業の共同研究、契約、買収、ライセンス、取引、その他の開発活動に関する情報が含まれています。ステージ、治療タイプ、投与経路、分子タイプ別の活発なパイプライン医薬品の治療評価、パイプライン製品、この分野で現在進行中の機関研究にハイライトを当てています。このことでアンメットニーズ、市場促進要因、障壁を理解することができます。

    PARP阻害剤の将来の競争環境は非常に強いと推定されます。米メルク社のCVA21を含む主要な新興の医薬品は、今後数年でブロックバスターになる予定です。

    PARP阻害剤に関するは、この作用機序に基づく市場力学を理解することで、最適な投資と最大限のリターンを伴う市場浸透とポートフォリオの強化につながる戦略的提携の機会を提供します。さらに、本レポートは、PARP阻害剤による病態の検出、遺伝的素因の特定、生物学的反応の特定を可能にします。

    製薬業界むけレポート・コラム

    1. アレルギー診断:市場の洞察、競合情勢、2026年までの市場予測

    2. 結石破砕装置市場 – 市場の洞察、競合情勢、市場予測:2027年

    3. 外傷体内固定装置市場 – 市場の洞察、競合情勢、市場予測:2027年

    4. サルコペニア:2030年までの疫学予測

    5. 非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍:2021年のパイプライン動向

    6. 化学療法誘発性血小板減少症(CIT)- 疫学予測 2028年

    7. 泌尿器科機器市場 – 市場の洞察、競合情勢、市場予測:2027年

    8. パルスオキシメータ市場:洞察、競合情勢および2025年までの予測

    9. 慢性腰痛(CLBP)市場 – 市場の洞察、疫学、市場予測-2032年